「出島のおきな」 のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 出家者ふたり  「今東光」と「瀬戸内寂聴」さん

<<   作成日時 : 2018/08/06 15:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 「連日の猛暑」続きで外出を差し控え PCネットを相手に 瀬戸内寂聴さんの事などを調べていたら・・・彼女が仏門に入るに際して 既に僧侶であり 小説家でもあった「今東光さん」との繋がりにも注目してしまった。 「二人の僧侶」について 又々ネットサーフィンに熱中。 しかも 二人は 寂聴さんが出家時の「師弟関係」でもあった。

(1)寂聴さんの得度式 (51才 於いて中尊寺 師僧:今春聴大僧正 75才) 
 写真は 「出家」 した人にしては・・・まだ色香を感じさせる雰囲気だったようだ。
 子供まで捨てた「駆け落ち」があまりにも有名だったので 彼女の願いは どこの「教会」でも 「お寺」でも
 敬遠されたらしい。 「今春聴」大僧正が居たからこそ 彼女の出家が実現できたとも伝えられている。
画像

  寂聴さんの近影  (今は 「往くも ひとり」 の悟りの境地みたい)
画像


(2)「今東光さん」を 出家の頃から書き出すのは難しかった。 無名な「僧侶時代」の写真や記録が
   見付からなかった。  従って 「彼の履歴」から眺めてみた。
     https://plaza.rakuten.co.jp/nanako0112/18000/
     http://www.memory-jp.com/pc_memory/pc_container/memory_etc/data_166.html
     https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%8A%E6%9D%B1%E5%85%89

  2−1)中学時代は 3年生(16才)の頃 「2度も退学処分」を受ける位の問題児だった。 
      二つの中学を卒業できないまま 大人になってしまった。 親戚に預けられて絵の勉強もした
      ようだが・・・挫折。
      「学歴」が無い分を 「以後独学」だと宣言して 広く 熱心に勉強。  東大の授業を
      「もぐりで聴講」したのも有名な話。 その間に「東大卒の友人」も増やせたらしい。

  2−2)27才頃に処女作品集「痩せた花嫁」を出版し 世間から「注目される味」を覚えたみたい。
      しかし 思う事が有ったのだろう。 32才「出家得度」を受けている。 36才まで比叡山で修行。
      (その後も僧侶の身の上で 小説を書き続けていた模様。)
      57才 比叡山で「教学論議」の資格を得て お坊さんに専念できる準備が整った処で・・・・。

  2−3)58才で (昭和31年)「直木賞」を受賞。 以後約10年間 小説家 評論家 人生相談等で
      世間の脚光を浴び過ぎた為 「お坊さん」である事の印象が世間では薄かった。 その頃の写真は 
      もっぱら (3)項以降のように 僧侶らしくない 「騒々しい写真」 ばかり。

  2−4)68才にして 「中尊寺の管主」に着任。 国宝金色堂の昭和大修理に努めた。
  2−5)75才の時 瀬戸内春海の出家得度を 中尊寺で授けた。 前述(1)項参照 
  2−6)79才で逝去された。
 
(3)「川端康成」に引き立てられた頃の 「今東光」  
    川端は 今東光の母親に「息子同然」に可愛がられた「学生時代の恩義」を感じていたらしい。
(4)自由奔放な 「今東光」
画像
画像

(4)街歩き姿の 「今東光」
画像


追記: 今東光を検索して 気付いた事だが・・・彼の父親(今 武平)は 外国航路の「客船の船長」で 自宅には殆ど居なかったので 家庭の事はすべて「母親任せ」だった。 息子としては 「母親からの逃げ場」 が欲しかったと語っていた。 (親子関係の詳細は省略。)

 客船「香取丸」なら あの会社の筈 「函館に商船学校」が有ったのか? 明治元年生まれだから 入学の時期は? 等々 「父親」の事にも脱線してみた。 

 解かった要点は 次のとおり。
(1)明治12年 函館商船学校は私立として開校。 (小林重吉氏に依る)
(2)明治14年(高等小学校卒) 私立函館商船学校に14才で入学 (3年課程)
(3)大正7年(1918) 父武平氏 日本郵船を定年退職 50才
(4)昭和11年(1936) 父武平氏逝去 享年68才
(5)昭和10年 庁立函館商船学校は廃校。 →北海道庁函館水産高校に継承された。 
 出典: https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%95%86%E8%88%B9%E5%AD%A6%E6%A0%A1

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出家者ふたり  「今東光」と「瀬戸内寂聴」さん 「出島のおきな」 のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる